1. TOP
  2. 夫婦の健康
  3. 長袖、帽子にUVクリームでも日焼け?目からの紫外線に注意

長袖、帽子にUVクリームでも日焼け?目からの紫外線に注意

子供のサングラス

夏に限らず女性なら一年中気を付けたいのが紫外線です。

しかし、全身UVカットをしているつもりでも、意外に目の紫外線対策は怠りがち。

そんな目への紫外線には体にどんな影響があるのでしょうか。

目に入る紫外線で全身日焼けに!?

女性が紫外線について気を付けることは、肌にできるだけ紫外線を当てないということですよね。

肌に紫外線を当ててしまうと、皮膚の奥で活性酸素が生まれ、それを合図にメラニン色素が生成されます。それがシミなどの原因になります。

そのメラニン色素によって肌の色が変わることがいわゆる「日焼け」ということになります。

だから、できるだけ肌の露出を避けたり、日焼け止めクリームなどを塗って、肌に紫外線を当てないようにしているわけです。

しかし、肌に紫外線を当てていないにもかかわらず、日焼けをしてしまう(メラニン色素が生成されてしまう)ことがあります。

それが目から入る紫外線の影響というわけです。

目と脳の防御関係

目から紫外線が入ると角膜で大半が吸収されます。吸収しきれなかった紫外線は水晶体や網膜に到達します。

その時に角膜では防御反応で活性酸素が生成され炎症反応が起こります。

その情報が脳に伝わると、脳は紫外線が全身に来ていると認識して、全身のメラノサイトを活性化させメラニンを分泌させるのです。

これはマウスの実験でも証明されており、耳だけに紫外線を当てたマウスは耳だけが日焼け反応をしたのに対し、目だけに紫外線を当てたマウスは全身が日焼け反応を起こしたという研究結果が出ています。

マウスの眼の紫外線実験

目からの紫外線は疲労感にもなる

春先など暖かくなり始めた時期に行楽に行って思いのほか疲れたということはありませんか。

これは単純に身体の動かしすぎの疲労だけではなく、目への紫外線による影響もあります。

目に紫外線が当たると全身に日焼けの反応がでるということを書きましたが、日焼け反応が出るということは全身に活性酸素が出ているということでもあります。

活性酸素が全身に出ると、身体の抗酸化物質(活性酸素から細胞を守る酵素)が足りなくなってくると脳が認識して「活動中止」の合図を出します。

この脳からの「活動中止」の合図が、いわゆる疲労感というわけです。

暖かくなり始めた時期というのは紫外線も多くなってくる時期でもあり、紫外線対策が夏ほど力を入れない時期でもあるので、身体の疲労感が出やすくなるんですね。

紫外線による目の病気

人間の五感の中でも一番使っているのが視覚なので、目は大事にしていきたいところです。

目には紫外線のバリア機能はもともとありますが、長時間強い紫外線を浴びれば防御しきれません。

白内障や黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)、角膜炎などになるリスクがあります。

白内障はさまざまな原因で水晶体が濁る病気ですが、昔から俗に「しろそこひ」と呼ばれています。(中略)水晶体が濁り始めると、水晶体で光が散乱するため、霞んだり、物が二重に見えたり、まぶしく見えるなどの症状が出現し、進行すれば視力が低下し、眼鏡でも矯正できなくなります。白内障|日本眼科学会
黄斑変性症とは加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気です。加齢黄斑変性は一般には馴染みの薄い病名かもしれませんが、欧米では成人の失明原因の第1位で珍しくない病気です。日本では比較的少ないと考えられていましたが、人口の高齢化と生活の欧米化により近年著しく増加しており、失明原因の第4位となっています。黄斑変性症|日本眼科学会
角膜に病原性を持った微生物が付着し繁殖した状態を角膜感染症(角膜炎)と呼びます。(中略)角膜感染症は、重症例では角膜穿孔を起こすなど、失明する可能性のあるものです。また治癒しても角膜に強い濁りが残り、角膜移植が必要となることもあります。このように、眼病の中でも比較的緊急性の高い病気です。角膜炎|日本眼科学会

 

紫外線の強さを正確に知る

紫外線は何となく夏が多い、冬は少ないみたいにアバウトに覚えている人も多いです。

しかし、紫外線の強さは場所や気候、季節によって常に変動しています。

UVインデックス分布図

UVインデックス強度出典:気象庁|紫外線情報分布図 UVインデックス

これはある一日の紫外線分布図ですが、北海道と沖縄ではまったく紫外線の強さが異なっていることがわかります。また、この日は意外にも関東付近の紫外線が弱いということもわかります。

この図は気象庁のUVインデックスという紫外線の強さの指標から導き出されたものです。UVインデックスは世界共通の指標なので、海外旅行などに行く際は現地のUVインデックスを見ることで適切な紫外線対策ができます。

気象庁では毎日UVインデックスの情報を発信しているので活用してみてください。

気象庁 | 紫外線情報分布図 

他にもお天気アプリなどでも紫外線情報を発信していることが多いので、日々の天気の確認ついでに紫外線の強さも確認しましょう。

目に入る紫外線を防ぐ

肌のUVケアは一年中している女性は多いと思いますが、目の紫外線は意外にしていないことが多いです。

上記のUVインデックスを参考に日々適切な紫外線対策をしていきたいものです。

帽子をかぶる

手軽な目の紫外線対策としては帽子をかぶるということがあります。

ただし、目に太陽光が入らないようなツバの広いものを選ばなければ意味がありません。

また、帽子の場合は地面や建物、車などからの照り返しによる紫外線は防げません。

帽子で防げる紫外線は約5割といわれていて、紫外線が強烈な時には帽子だけでなくサングラスなども併用したほうがいいでしょう。

日傘をさす

髪型を崩したくないとか、ファッション的に帽子は嫌だという人には日傘をさすという対策もあります。

日傘は顔全体を陰にしてくれるので帽子より効果的かもしれませんが、日傘のさし方によっては効果に差が出ます。

また、UVカット加工を施された日傘でないと意味がありません

帽子と同様、照り返しによる紫外線は防げないので、紫外線カット率は約5割とされています。

紫外線照り返し

サングラスをかける

目への紫外線に最も効果的な対策はサングラスをかけることです。

ただし、UVカット加工がされているものでなければ意味がありません。雑貨屋などで安価に販売されているものでUVカット機能がないものは、サングラスの暗さで目の瞳孔が開いて、紫外線を大量に取り込むことになってしまい逆効果です。

また、サングラスの色が濃いほうが紫外線をカットするわけではありませんので、UVカット機能があれば透明でも茶色でも色の濃さは何でもいいです。(透明だとまぶしいですが)

サングラスをかけるなら、ファッション的にもおしゃれなものを使いたいと思いますが、フレームが細かったり、レンズの面積が小さいものの場合は、隙間などから紫外線が入ってくることもあるので注意が必要です。

子供のサングラス

子供こそサングラスを
子供にサングラスなんて生意気に思われるかもしれませんが、子供の眼は大人よりも水晶体が透明で紫外線の影響を受けやすくなっています。ダメージの蓄積で大人になってから目の疾患になる可能性もあるので親がしっかり保護してあげたいですね。

目薬をさす

目への紫外線対策をしてても、四六時中完全に紫外線を防ぐのは不可能です。

紫外線による目へのダメージを蓄積させないために、角膜を修復したり栄養を与える目薬も併用するといいでしょう。

角膜の修復機能を上げる作用があるビタミンB2や、ドライアイを防ぐコンドロイチンなどの成分が含まれた目薬がおすすめです。

お肌のUVケアも忘れずに

目の紫外線対策も重要だということがわかりましたが、肌のUVケアも怠らずに行いたいですね。

紫外線は曇りの日でも80%は地上に到達しますし、ガラスも透過するので屋内でも油断はできません。

女性の天敵である「紫外線」から身を守るために、日傘、帽子、サングラス、長袖、日焼け止めクリームなど万全の対策をしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
↓↓ブログランキングポチっとお願いします

\ SNSでシェアしよう! /

夫婦手帳の注目記事を受け取ろう

子供のサングラス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

夫婦手帳の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

彩

アラフォー妻の彩です。子供がいない共働きのDINKS夫婦ですが、それなりに仲良く楽しんでいます。グルメや旅行が大好きで、旦那と二人でよくでかけます。子供がいなくてさみしいと思う瞬間もありますが、子供がいない人生もまたそれはそれで楽しいので、そういった人が共感できるような情報を書いていきたいです。

この記事を読んだ人が興味ある記事

  • 夫婦の共依存「夫には私がいないとダメなの」と思う人は要注意

  • 結婚は後悔と不幸とデメリットだらけ?知らない方がいい7つの真実

  • ダサい旦那と一緒に歩きたくない!季節ごとの服装改造計画

  • もしかして臭いのは私!?アラフォーから始まる女性の加齢臭

  • スマホ依存のママが急増!セルフチェックと処方箋

  • 家計の足しになる!今どき主婦の簡単副業10選